アップル新製品

アップル・コンピューターがiPod ShuffleとMacMiniなるパソコン発表(1月29日発売)。
iPod Shuffleは従来のiPodのハードディスクの代りにフラッシュメモリーを搭載して
小型化、廉価、こ洒落たアクセサリー的ミュージックプレーヤーを狙ったもので、
デジカメで言うキャノンのIXY路線か。
私自身は初代のiPodを今では音楽を聴くというより、
リムーバブル・ディスクとして重宝している。

c0030764_21242293.jpgところで、5万円台(アメリカでは499$)の
パソコンとして登場するMacMiniのインパクトは
かなり大きいのではないだろうか?
デザインを含めたコンセプトが素晴らしい。
(1)手持ちのWindows PC用のディスプレイやキーボードが使える。
 (Windowsユーザーの取り込みとしては、なかなか面白い戦略に映る。)
サードパーティも多くの周辺機器を出してくるだろう。
(2)Bluetoothモジュールをオプションで搭載すれば、
キーボードやマウスのワイヤレス対応も可能。
(3)当然、AirMac Cardでワイヤレス・インターネットにも対応する。
(3)非常にコンパクト(16.5cm正方形、厚さ5cm 、重量1.3kg)なので、
持ち運びが便利で、プレゼン用などにきわめて有利。
小型プロジェクターなどとの組合せも効果的に行えそうである。
(4)何よりもこの安さと拡張性は大方のユーザーに受け入れられそうな予感がする。
以前、キュービック型のマックを発売したものの、メインマシンとしては市場に受け入れられず、あっという間に姿を消したこともあったが、今回はどうなるのだろう。
それとは時代もコンセプトも違うので、市場にどんな受け止め方をされるのか、注目株である。



私はMacを使い始めて20年近くなるマックユーザー。
会社のネットワークにはWindowsマシンが繋がっているので、そちらも使っているが、
パーソナルにはマックである。
デザインや技術的な先進性も含めた商品コンセプトが気に入ってステップアップを重ね、
現在はPowerMacG4/1.25GBDualとPowerBookG4/15"を使っている。
元はと言えば、HyperCardに惚れてマックを導入した経緯があるので、
それがなくなった現状には辛いものがあるが・・・(OS9もインストールして一応使えるようには
してあるが、関連のアプリケーションが対応しなくなって使えない。)

私の場合、海中写真の整理やHPへのアップロードなど、かなりヘビーな使い方なので、
これからの購入を検討するマシンとしてのMiniではちょっと物足りないが、
一般市場でのこのマシンの持つ可能性は非常に高いものと感ずる。

最近になってディスプレイの値段が下がってきたこともあり、
私としてはPowerMacG5の大幅値下げを期待しているのだが・・・・
何はともあれ、アップルコンピュータが元気になってきたことは喜ばしい。
[PR]
by mskknmr40510 | 2005-01-13 21:31
<< 我家の黒猫 ウッドクラブ >>