バリ滞在記07 その1

c0030764_10353364.jpg
2月7日、
11時30分成田発
シンガポール航空機で
チャンギ経由
デンパサール。
チャンギでは1時間待ち。
デンパサール到着が
21時30分。
1時間の時差なので
日本時間では10時半。
早寝の私はおネムの時間。
ホテルはサヌールの
パリダカリゾート。

次の日は
7時過ぎには出発、
トランベンに着いたら
即ダイビングなので
カメラをセットして
すぐに就寝です。

さて、朝食を済ませて
外に出たら・・・
一体これは・・???
辺り一面、
靄がかかったようですが
なにやら異な臭いも。
実はこれ、
周辺地域の「蚊」対策
消毒噴霧。
豪快といえば豪快ですが
食事や直接吸引で
大丈夫なんだろうか?

聞いたところ、
誰も意に介さないんだって!

これをやっているのが、地域の協同組合(日本で言えば、地域の町内会)。
昔の「向こう三軒両隣」の共同生活が定着している様子。
なんとなく懐かしい雰囲気です。

トランベンはかなりの田舎。
そこに行くまでの約2時間半、周りの景色は何となく懐かしい光景で、
ヤシの木を除けば日本の里山の雰囲気。
フィリピンで見たスラムっぽい光景もなく、生活にも清潔感が感じられます。
[PR]
by mskknmr40510 | 2007-02-21 10:50 | バリ滞在記
<< バリ滞在記07 その2 マツカサウオのお部屋 >>